FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かつて私は雑誌のコラムで、「人間は右回りよりも左回りで走ることを好む傾向があり、その理由は不明である」と述べたことがある。

実際、決め手となる理由は、未だ無いらしいのだ。考えられている理由としては、ざっと以下のようなものがあろうか。

(1)利き足である場合が多い左足で蹴り出すから
(2)利き手である右手を前に出すから
(3)心臓を守るために体の右側を出すから
(4)重心を高くするため、重い肝臓のある右側を上げようとするから
(5)体育や運動会で左回りを教育されているから
(6)地球の自転によるコリオリ力の影響

さらに最近耳にしたのは(もちろん専門でも何でもないので、あまり信用してもらっても困るのだが)、「本来的に、人間の股関節が左右非対称であり、左回りに適した構造になっている」という説だ。実は、乳幼児の研究をしているある方のお話で聞いたのだが、何でも歩き始めた赤ちゃんは、放っておくと、どんどん左にそれて歩いていくのだという!

そして、私の子供。実は歩き始めたとき、テーブルやソファーの回りを、常に左回りで回っていた。音楽に合わせて、その場でクルクル回って遊ぶこともあったが、常に左回り(反時計回り)であった。子供がいらっしゃる方や、子供と接する機会のある方は、ぜひ注意してみて欲しい。そうすれば、上述のリストのうち(5)を否定する根拠になる。

少なくとも、(6)は明らかなウソだと思うが…。今後さらに、人間以外の動物(類人猿など)ではどうなのか、調べてみたい。

自分はどうかと言えば、利き足の影響が大き過ぎて、あまり参考にならない。私は、野球のスライディングでは、必ず左足で踏み切って右足を前に出す(逆は出来ない)。スキーを滑っているときには、右スキーを谷側にして止まるほうが圧倒的に得意だ。インラインスケートのパワースライド(どちらかの足を前に出して止まる技)では、右足を前に出すことしかできない。いずれも、体が左に向く。これらは完全に、利き足の影響だ。

だが野球をやっていると、私とは逆に左足を前に出してスライディングするひとは結構多いことに気付く。プロ野球を観ていても、そうだ。そういったひと達(つまり踏み切り足が右のひと)は右回りのトラックに違和感がないか、ぜひ思い起こしてはいかがだろうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。