FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず、立命大の選手の皆さんに敬意を表したい。とにかくディフェンス陣が素晴らしかった。ラインは圧倒していたと言ってもよいし、パスプロテクションも完璧だった。ただ、特に後半、パナソニック電工の余計な反則がなければ、結果はまったく違ったものであったであろう。

いずれにしても、面白いゲームであったと思う。やはりアメフトは、最後の最後にヘイルメアリー、という展開が一番おもしろい。

さて・・・しかし、である。私は毎年、ライスボウルでははっきりと、社会人を応援することに決めている。社会人が勝つほうが、日本のアメフト界のためになるからだ。

Xリーグ東地区のオンワードが解散になるなど悪いニュースが駆け巡り、不況の影響を受けやすい企業スポーツの形態が批判されている。しかし、企業スポーツが悪いのではない。社会人リーグの人気がないのが悪いのだ。リーグの人気があれば、不況でも企業にとってチームを持つことが利になる。すぐに「日本の企業スポーツが悪い」と批判して満足する識者の皆様には、地域密着クラブスポーツの形態だって不況のときには直接的な打撃を受けるんじゃないですか、と言いたい。

ライスボウルは、はっきり言って社会人チームのほうが、相当有利なはずである。出場を決めてからライスボウルまでは、社会人チームのほうが時間がある。アメフトの場合、スカウティングの猶予や選手の疲労回復など、時間が空けば空くほうが有利である。ライスボウルの試合時間も社会人に合わせてあり、大学生は普段より約1クォーター分も長く戦わなければならない。そんななかで、日本を代表するQBと、日本最高のRBを擁する社会人チームが、大学生に負けるという失態を演じるのだから、社会人リーグの権威と人気が上がるわけがない。

つまり、ライスボウルなど、やらないほうが良いのである。だからこそ、社会人が勝っているうちにライスボウルをやめろ、と私は主張し続けているのだ(誰も聞いちゃくれないが)。

とにかく、日本の社会人リーグは、工夫の余地がありすぎる。換言すれば、まともに運営できていないのだ。プロモーションすら、まともにできない。収益を連盟が吸い上げ、各チームに分配しない場合が多く、参加企業(クラブ)に旨みがない。ライスボウルみたいなものに参加して、社会人が自分の首を絞めている。社会人野球にいたっては、プロ野球と同じくらいダラダラ動き、チンタラチンタラと長いゲームをやっている。・・・他にもいろいろある(詳しくは私のこれまで書いたコラムを参照いただきたい)。アイスホッケーもラグビーも同じだ。

最善を尽くしてから「企業スポーツであること」を批判せよ、と言いたい。なんでもかんでも、「企業スポーツが悪い、ヨーロッパのクラブスポーツを見習え」と批判するジャーナリストは、たぶん社会人リーグなどロクに観ていない連中である。

・・・社会人スポーツについて、ライスボウルの運営について、言いたいことはまだまだ山ほどあるが、また改めてということにしよう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。