FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バレーボールのグランドチャンピオンズカップ(グラチャン)で、龍神NIPPONとかいう失笑を禁じ得ない愛称を持つ男子のチームがメダルを獲得したことが、話題となっている。

もちろん、期待どおり或いは期待以上の実力を発揮してくれたのは確かで、日本男子には最大限の敬意を表したいのだが…。グラチャンでメダルを獲ったとか獲らないとか、いったい何の意味があるのか。



グラチャンは、大会そのものが、「日本が世界の強豪にチャレンジする大会」というコンセプトのものである。要は、日本向けのサービス大会である。こんなもの、世界4大大会に数えるほうが間違っている。

日本と、大陸選手権の勝者が出場する。換言すれば、強い大陸からは1チームしか出てこない。それも、こんなサービス大会で、各国代表が最大限のパフォーマンスを発揮してくるとは思えない。グラチャンとは、そんな大会である。

男子バレーの奮戦には敬意を表したいが、こんな大会で、しかも全戦ホームで、銅メダルを獲ったとか言って喜んでいるから、日本は強くならないのだ。



「強くならなくてもいいじゃないか、グラチャンでたまにメダル獲れるし、ワールドカップは日本でやるから日本は出られるし、強くなくてもジャニーズとセットでテレビ中継されるし」…と指摘されれば、こちらとしては反論の余地はないのだが。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。