FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご存知のとおり、(大変失礼ながら)以前より私は「フィギュアの演技において、キム・ヨナと浅田真央とでは、大人と子供の差がある」と申し上げてきた。「子供」とは、浅田のほうを指している。

浅田は、インタビューのたび、競技のことを「試合」と言ってきた。もちろん、そのように言う選手は他に居ないわけではないが、彼女の場合は特に頻繁である。通常の選手は、「演技」や「プログラム」…という言葉を(意識して)多く使う。

フィギュアスケートは、「競技」であると同時に「演技」なのだ。かつて「技術点」と「芸術点」とが半分ずつ加算されて採点が争われ、現在のシステムも原則的にそれを踏襲している。「競技」の面では浅田は言うまでもなく満点に近いが、「演技」の面ではジュニアレベルである、と私は常々見ている(繰り返し、大変失礼な弁をお詫びするものであるが)。

であるから、キム・ヨナとのスコアの大差が話題になった昨季のバンクーバー五輪でも、世間ほど私は「この点差はおかしい」とは思わなかった。

 ■

村上佳菜子がシニアデビューする今季は、多くのファンがそれに気付くシーズンになるのではないか、と思っている。「役になりきって、演じることを楽しみ、観客を楽しませる」という競技に対する考え方が、このシニア界の新人にはある。

高橋大輔はもちろん、伊藤みどりにも多分にあったこの思想が、浅田に垣間見えたことがない気がするのだ。むしろ、「演技」に対する「照れ」が垣間見える。それが演技中に頭、腕、指先のぎこちない動きに現われ、浅田の演技をジュニアの演技に見せてしまい、スコアを伸びなくさせてしまっている。

芸術性を高めることは非常に難しいが、幸いなことに高橋や村上といった「お手本」が、日本には居るのだ。特に仲良しの妹分である村上に、「本格的に弟子入り」することも必要だろう。もっとニコニコして演技するだけでも、相当印象が変わるはずである。

 ■

ジャンプは水物であるから、ジャンプ失敗で沈んだNHK杯の出来はそれほど気にならない。だが、演技に対する「照れ」、ジャンプ偏重の思想、演じることを楽しめない印象が、昨季とあまり変わっていなかったことが少々残念に思えた。真面目な浅田選手だからこそ難しいのだと察するが、今季こそ殻を破って欲しいと期待している。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。