上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のセンバツ出場校が決定した。もちろん、21世紀枠の3校も出揃った。さて、この選考結果が発表された後、メディアの取材に対して、日本高野連の奥島孝康会長が以下のような談話を寄せている。

21世紀枠はどこが出ても不思議ではない。将来への希望、現在の困難を克服するための希望というドラマチックな要素を入れたかったが、どちらかというと手堅い選出になった。

…こんな短い談話に、これだけのツッコミどころを詰め込む才能には恐れ入る。このような考えの人物・組織が学生スポーツを仕切っているなんて、絶望感を禁じえない。

 ■

「どこが出ても不思議ではない」ということは、要は決め手がないってことだ。明確に、そして公正に、「この学校が21世紀枠だ」と決められない、いい加減でかつ主観的な選考をやっているということ。何回でも言うが、21世紀枠を強く批判する私は、「地区大会で敗退したような弱い学校を全国大会に出すべきではない」と言いたいのではない。「不公正な選考で全国大会の出場校を決めるべきではない」と言っているのだ。「不公正」というのは、スポーツの大会、それも教育の一環たる学生の大会で、一番やってはいけないことだ。

だが、高野連という組織には、そういった感覚が著しく欠如している。その証拠が「ドラマチックな要素を入れたかった」というコメントである。要するに彼らは、スポーツ大会を運営しているというより、ドラマを演出している気分なのだ。スポーツ大会に臨むため真面目にコツコツ練習している球児たちが、勝手にドラマの登場人物にされ、お偉いさんが勝手に書いた筋書きに沿って演技させられる。「公正さ」や「公平さ」よりも、「ドラマ性」が重視されているのだ。まったく、憤りを禁じえない。

 ■

私は元高校球児であり、どちらかというと21世紀枠に選ばれそうな所謂進学校で野球をやっていた。そんな私だからこそ、言いたいのだ。野球の全国大会の出場校は、公正に、野球の結果で選ぶべきだ。大学の合格者を、入学試験の結果ではなく、「学校が進学校か否か」とか「ボランティアを頑張っていたか否か」とかで選んではいけない。それと全く同じである。

そして最後に、21世紀枠で選ばれて甲子園に来る選手達には何の罪もないことを強調しておきたい。大会の出場校として、彼らにも平等に声援をお願いしたい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。