上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FIFAワールドカップ・ブラジル大会で、決勝トーナメントに進めずに帰国したサッカー日本代表を、成田空港で温かく迎えたファンに、違和感の声が上がっているらしい。

「他の強豪国ではありえない」「ファンは厳しい対応をするべき」などとというのである。「こんな風だから、日本は強くならないのだ」、とも。

正直に言って、この手の話はウンザリする。

 ■

「他の強豪国ではありえない」という意見には、「そんなバカバカしい考え方は、他の競技ではありえない」と言い返したい。

ソチ冬季五輪で、高梨沙羅や浅田真央が実力を出せずに敗れて帰ってきたとき、「空港で彼女らにブーイングしないから、日本の女子ジャンプやフィギュアは強くならないのだ」などと考えた頓珍漢なひとは、果たして居たのだろうか?

誰よりも悔しい思いをしているのは、当の選手たち自身である。ブーイングを受けなくても、卵を投げつけられなくても、ふがいなさは分かっているのだ。それを察することができるのが、われわれ日本人ではないか。ふがいない思いで帰国しても、なお温かく迎えてくれるファンのために、明日から、いや今日から頑張ろう、と選手たちも思うのではないだろうか。負けた選手には鞭を打つべきだ、とする異国のくだらない風習を猿真似すべき理由は、全くない。

 ■

似たような話として、「日本のサポーターはレベルが低い、負けていても悪いプレーでも観客席ではしゃいでいる」という意見がある。

こういう意見ももうウンザリだ。そもそも、日本のサポーターだけが特別に劣っているという認識からして誤りである。ワールドカップをテレビで観戦していれば、わかるはずだ。スペインだろうがブラジルだろうが、テレビで映るどの国のサポーター達も、どんなピンチの場面だろうが観客席ではしゃいでいる。

 ■

いずれにしても、サポーターが厳しくないから日本が強くならないとか、メディアが甘すぎるから日本が強豪国入りできないとか、全くバカバカしい議論にもほどがある。ナンセンスである。

サポーターやメディアに、サッカー日本代表を強くする「責任」などない。頑張るべきは、選手や指導者や協会である。サポーターは、それを好きなように応援すれば良いだけだ。メディアは、粛々と客観的にそれを伝えれば良いだけである。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。