上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
新しいものの方が格好が良いのは当たり前である。そうでなければデザイナの仕事が成り立たない。デザインは、常に今までにない新しさを指向すべきだ。それがデザイナの宿命だとさえ思う。

 ―― 森博嗣 『森博嗣の道具箱(TOOLBOX)』 より



東京五輪のエンブレムが、ベルギーの劇場等のロゴと似ていたという問題。

個人的には、このエンブレムのデザインは、変更しても、変更しなくても、どちらでも良い。ただ、今回のエンブレムが、「東京」などを表す「T」だけでなく、「L」にもみえるのは非常に気になる。ベルギーの劇場はリエージュ劇場(Theatre de Liege)なので、「T」と「L」に見えるデザインになっているのは分かるのだが。なので、今回のエンブレムから、「L」を想起させる右下の灰色の部分だけ、削除してくれないだろうか・・・。

デザイナーの方もすっかり有名になってしまったが、盗作というわけでもないのであろうと信じるし、法的にもそれほど問題にはならないように思う(いまのところは)。ただし、デザイナーとして、「誰かが既に考えたようなデザイン」しか考案できなかったことは、猛省して欲しい。デザイナーとしてほとんど仕事ができなかったと非難されても、仕方があるまい。

「いろいろなデザインにあふれる現代は、似たようなデザインになってしまっても仕方がない」などと弁護する向きもあるが、それではそもそもデザイナーの存在意義がなくなってしまう。誰も思いつかなかったデザインを創造すること、それこそがデザイナーの仕事であるはずだ。ましてや、五輪のエンブレムという最大の仕事でそれができなかったことを受け止め、ぜひ次に生かして欲しいと思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。